« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

やっと取得しました。

やっと取得しました。

本当は春取れるはずだった管理美免許。仕事で講習会に出席出来ない日があった。

夏に補習の申込みを忘れていて、研修センターから電話がかかってきて、慌てて申込み用紙を提出したっけ…。

今日はその補習の日で管理美資格認定講習会なるものに行ってきました。

現場で使うわけでもないし、別にコレといって必要となる事もないんだけど、前々から欲しいと思っていたので、とにかく講習費を無駄にすること無く、免許を取得する事が出来て 安心しました!

年をとると、疲れが1日置いてから来たりするそうで、1日ゆっくり寝るくらいじゃ回復しないそうです。

へぇ・・まだイケルじゃんワタシ・・。
疲れとれるよ、寝れば・・。

なんて変なことで喜んだりしていたのでした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トークショー?

先日「ミートボール・・・」のトークショー見てきました。

監督VS主演俳優。

これが漫才みたいで面白かった。
なんていったら、本人たちに怒られる。
いたって真面目にやってましたから。

司会の女性がしらっとしていて面白かったのと、
二人の横で、特技監督の西村さんがある雑誌をちょっとお酒の入った顔で立っていて、それを少しずついじくりながらのトークだったのがおかしかった。

なんでもこの、西村さんの持っていた雑誌は、アメリカのナントカというホラー映画の専門誌で、
西村さんはこの本に載るのが夢だったらしいデス。

この日は、最終日でしたが、小さい劇場の為、立ち見も入れなかった。
皆、一生君効果だと言っていました。

メイクルームは、本編は、見るのが初めてで、なんと試写も見ていなかった。

出来上がりは結構すごい。
カット数の多さもさることながら、撮影も迫力があって良かった。

3月、6月、8月とバラバラに撮影していて、もう繋がりなんてわからないよ!と思いながらやっていましたが、やはり、よーく見ると、顔のキズなんかがビミョーに違っている。

それを監督がうまく変な生物のアップなんかを間に入れていって、うまく繋いであった。

この作品、確かに特殊メイク冥利につきる、というか西村さんたち大変でしたが、

私たちもかなり大変な作業だったな、とあらためて思い出した。

メイクやカラースプレーしたヘアーなんかも血のりまみれになるし、なんせボディスーツ着用でのアクションですから、汗だくにもなるし・・。

だれも褒めてくれないから、自分で褒めます。

「大変だったね。よく頑張った!」

てな事で、チャンチャン。

帰りに監督らが飲みに誘ってくれましたが、
風邪がまだ治っておらず、セキがひどいのでやめときました。
ホントは飲みたかったけど・・・
せっかく誘ってくださったのに、ゴメンナサイです。

この作品、スプラッター物ですが、なかなか美しい愛の話になっています。
DVDが出たら見てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

初号見てきましたー。

といっても、先日までやっていた作品はまだまだこれから仕上げ作業に入るところで、今回見たのは春に撮影した、夏目漱石原作の「夢十夜」をもとに作られたオムニパス。

まだ1夜分出来上がってはいませんでしたが、9人9色いろいろに作り方をしていて面白かった、でした。

それぞれ見る方の好みもあると思いますが、個人的には実相寺監督の1話目が幻想的かつ芸術的ですばらしかったように思えます。

この作品は東京国際映画祭の特別招待作品にもなっています。

見終わってから、この日来ていた監督、キャスト、スタッフで反省会をかねて飲みに行きました!  この時の画像

う~ん、全部できたのを早く見たいなぁ。

公式ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

無事クランクアップ。

メンテナンスの為、更新できませんでしたが、昨日栃木から戻ってまいりました。
地元方々の協力を得て、とても良い映画に仕上がっていると思います。

出演者も役の年齢よりも実際は若い子が多く、最初は心配でしたが、皆しっかりしていて、良い子ぱかりでした。

最終日、このままずっとこの作品の撮影が続けばいいのに…なんて思ってしまうほど、現場も楽しかったし…。

台風が来たりもしましたが、比較的お天気にもめぐまれてサイコーでした。

なにより無事に最終日を迎えられて本当に良かった、良かった。

神様、素晴らしい自然を、素敵な人々を、そして守って下さってありがとうございました。
感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

あと1日。

本当だったら、今日クランクアップのはずだったけど、天候など、いろいろな影響で1日延びて、明日やっとクランクアップです。

今日は、ラストシーンの、東京の大学へ行く主人公の加代子が恋人の富蔵に見送られる旅立ちのシーンを駅のホームで撮影しました。

終ってから、地元の方と有難う、お疲れ様パーティー。

今日終っていれば、もっと思い切り飲んだんだけどなぁ。

出演者は、クライマックスを撮ってしまったので、気分はすでに終ったような感じだ、と言っていました。

まあ、明日はもう撮影量はたいした事ないんですけど・・・。

ただ、影狙いや夕景狙い、急がないといけないので、ハラハラします。

何はともあれ、あと1日。頑張ります。

でも、こののんびりした景色や澄んだ空気ともおさらばかと思うと、ちょっとさみしい・・ナ・・。

檸檬のころ Book 檸檬のころ

著者:豊島 ミホ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

一日中電車に揺られて。

一日中電車に揺られて。

今日は朝から電車での撮影です。

ずーっと、単線で行ったり来たりの繰り返し。時には、思い機材を担いで急いで乗換えたり、そうかとおもえば、終点まで移動中寝てしまったり…。

もうすぐ、テッペンを超えようとしていますが、電車が走っていないため、走行中の撮影はもう、オシマイ。

夜食のオニギリとスープを食べてちょっと休憩。

これから、車内の停め撮りの撮影です。

明日は夕方まで何もないからいいけとど、早く無事終了出来たらいいなァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

学園祭のシーン3日め。

学園祭のシーン3日め。

ライブシーンの日。

今まで練習を重ねて、今日はいよいよ本番です。

エキストラも今までで一番多く、人がたくさんいて疲れました。

そして、やることが多くて大変でした。仕事なので、愚痴こぼしちゃいけないけど…。

疲れた…。

バンドのメンバーも、一日中楽器を持っていて、大変そうでした。

バンドの俳優部は、全員、今日でオールアップ。

お疲れ様でした!

みんな仲良しなので、別れるのが、とても名残惜しそうでした…。

明日から電車関係です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

台風の為、お休み。

朝から大雨です。

昼結論で撮影するかもしれなかったけど、その時刻をまたずに撮休。
栃木は、降水確率100%ですから。

昼食を取った後、独りでフラフラ雨の中、バス停へ。

20060927_1559

町営バスに乗って烏山駅へ向かう。

20060925_1614_1

映画の中にも出てくる烏山線に乗って宇都宮へ出ようと思った。
乗って後悔したのは、強風の為、徐行運転で普段より時間がかかったこと。

宇都宮のいろいろな餃子の店の商品がおいてある「来らっせ」という店で、餃子を買いこんで実家に送った。

また、時間がかかるからさっさと戻ろうと、他の買い物は諦めて、改札へ向かったら、で、電車が動いていない…。

湘南新宿ラインかが普通になると単線に接続する電車がないのだ…。

仕方ない。
電車が動くまで、暇をつぶそう。

観光案内所で聞いた、「南大門」という、天然温泉に行くことにした。

呑気に温泉などつかっている場合ではないのだが、タクシーを使えば、相当な金額だ。この際、相手は台風だ、のんびり行こう。
ということにした。

温泉、気持ち良かった。

風に飛ばされそうになりながらも、駅に向かうと、なんと、電車は発車した後だった。

仕方なく食事をして、次の電車の時刻まで時間をつぶし、やっと電車にのる

ほっとしたのもつかの間、黒磯方面で停電事故。

また、発車せず。
おまけに、駅構内も停電。
ようやく、発車したのは30分後。
随分と大変な外出になってしまった。

こういう日はおとなしくしていなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »