« やっと取得しました。 | トップページ | スミマセン »

2006年11月17日 (金)

夏目漱石について。

公式ホームページがいよいよ始動して、漱石についてもっと詳しく知ることができた。

嬉しくなったので、載せてしまおう。。。

夏目 漱石
1867年(慶応3年)2月9日、夏目金之助は、江戸牛込馬城下横町(新宿区喜久井町)に父小兵衛直克、母千枝の五男末子として生まれる。里子・養子などを繰り返すが、最終的には夏目姓にかえる。16歳のときから英語を学び始め、帝京大学(今の東京大学)学生時代の24歳の時には『方丈記』を英訳。34歳の時に文部省の辞令により英国へ留学。帰国後、東京大学、第一高等学校の講師となる。1905年、「我輩は猫である」を発表し、文壇にあがる。その後、「坊っちゃん」「草枕」「三四郎」「夢十夜」「それから」など日本文学界に名を残す名作を次々と発表。しかし1911年の文学博士を授与されるが断る。その頃から胃潰瘍で入退院を繰り返しつつも「行人」「こころ」「道草」などを連載。1916年、49歳の若さで他界。



【主な著書】
1905年 『吾輩は猫である』
1905年 『倫敦塔』
1906年 『草枕』
1906年 『坊っちゃん』
1906年 『二百十日』
1907年 『虞美人草』
1907年 『野分』
1908年 『三四郎』
1908年 『夢十夜』(短編作品集)
1908年 『文鳥』
1908年 『抗夫』
1909年 『それから』
1910年 『門』
1912年 『彼岸過迄』
1912年 『行人』
1914年 『こころ』
1915年 『道草』(自伝的な中篇)
1915年 『硝子戸の中』
1916年 『明暗』(未完の遺作)
【主な映画化作品(製作年/作品/監督)】
1935年「坊っちゃん」山本嘉次郎
1935年「虞美人草」溝口健二
1936年「吾輩は猫である」山本嘉次郎
1941年「虞美人草」中川信夫
1953年「坊っちゃん」丸山誠治
1955年「夏目漱石の三四郎」中川信夫
1955年「こころ」市川崑
1958年「坊っちゃん」番匠義彰
1966年「坊っちゃん」市村泰一
1966年「幻日」武智鉄二
1973年「心」新藤兼人
1975年「吾輩は猫である」市川崑
1977年「坊っちゃん」前田陽一
1985年「それから」森田芳光

                      「ユメ十夜公式」ホームページ より

|

« やっと取得しました。 | トップページ | スミマセン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69316/4225935

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石について。:

» 森田芳光 [お待たせ!
映画ファン「映画監督・評論家編」]
森田芳光森田 芳光(もりた よしみつ、1950年1月15日 - )は、東京都渋谷区生まれで神奈川県茅ヶ崎市育ちの映画監督である。1981年に『の・ようなもの』でデビューする。以降、シリアスなドラマから喜劇、ブラックコメディー、アイドル映画、恋愛映画、ホラー映画、ミステリ映画と幅広いテーマを意欲的に取...... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 13時33分

« やっと取得しました。 | トップページ | スミマセン »